古着の処分に困った時はどうすればいい?

古着のお得で有意義な処分方法

洋服の断捨離の基準

いらなくなった洋服の処分、捨ててしまう前にもしかしたら少しでもお金になるかもしれません。 どうせ捨ててしまうものであれば少額であったとしても買い取ってもらって、着てもらえる方に売ってもらうほうがお得ですよね。 古着買取り店のそれぞれの特徴を見て、賢く古着を買い取ってもらいましょう。

捨ててしまう前に

大掃除や季節ごとの衣替えの時などに不要になった洋服を処分したいけど、「まだ着ることがあるかもしれない」と処分できないままどんどん溜まっていってしまいがちですよね。
そんな洋服をいつ処分すればいいのか。
処分をする基準を決めておくと上手に断捨離をすることができ、クローゼットの中をすっきりわかりやすく整頓することができます。
その基準をピックアップしましたので断捨離の際に試してみてください。

まずは、一年間着ることのなかった服はほとんどの場合もう着ることはありませんので処分してしまいましょう。
期限を決めることで決心がつき、処分ができるようになります。

お気に入りの洋服を買っていくと気付かないうちに似たような色や形の洋服ばかりが増えてしまっていることはありませんか?
そんな時は一番のお気に入りだけを残して思い切って一つにしてしまいましょう。

サイズの合わなくなってしまった洋服も、もちろん処分の対象です。
体型が変わったら着ることができると思い、残してしまいがちですが大抵の場合は体型が変わった時点でまた違う洋服が欲しくなってしまいます。
そうなると洋服が溜まってしまう一方となるので、注意が必要です。

断捨離の基本的な考えとして一つ買ったら一つ捨てるということがあり、当然ですが洋服の場合にも効果的です。
一つ洋服が増えたら一つ処分していけばクローゼットの中が一定の数の洋服以上は増えないので常にすっきりさせることができます。
これを実行できていれば一度に大量の洋服を処分することもないので、できる範囲で始めてみるといいかもしれません。

回収してもらうことでリサイクル

人や場合によって古着を買い取ってもらうことに抵抗があって売れないということもあると思います。 そんな場合は無料で古着を回収してもらいましょう。 単純にゴミとして捨てるという選択もありますが、回収してもらうことによってリサイクルにも繋がりますので利用してみてください。

必要としている人のもとへ

着なくなった比較的状態の良い洋服や、サイズアウトした子供服などは回収してもらったあとや、NPO法人に持ち込んだり送ったりなどをすれば古着を寄付することができます。 必要なくなってしまったものが必要としている人の役に立つことがあるのでぜひ積極的に寄付をしてみてください。